/

マレーシア機撃墜空域、1日400の民間機飛行

【ブリュッセル=共同】マレーシア航空機はウクライナ東部の高度3万3千フィート(約1万メートル)の上空を飛行中に撃墜された。欧州の航空管制調整機関「ユーロコントロール」(本部ブリュッセル)によると、同国東部の空域では、撃墜まで1日平均約400の民間航空機が飛行していたが、迂回していた航空会社もあった。

オランダとマレーシアを結ぶ航路は欧州、アジア間の主要路線の一つ。ウクライナ上空を飛ぶルートは最短距離となる。

ウクライナ政府は東部の親ロシア派武装集団に対する本格攻勢を再開した7月1日、東部の空域に関し、地上から2万6千フィートまでは民間機が飛ばないよう制限。さらに同14日には閉鎖空域を3万2千フィートまでの上空に拡大していた。

各航空会社は、空域の制限状況や天候などを考慮して飛行計画を作成。今回の便の飛行計画について、ユーロコントロール当局者は「出発地や目的地などからして異常なものではない」と指摘する。

マレーシア当局は、現場空域を通過したのは燃料費節約のためではなく、安全だと認識していたためだと説明。アジア太平洋地域の多くの航空会社もこの航路を利用していたと強調した。

一方、ロイター通信によると、オーストラリアのカンタス航空や英国のブリティッシュ・エアウェイズ、香港のキャセイ航空などは撃墜前から既にウクライナの空域を避けていた。

英国の航空評論家イアン・パーカー氏は「ウクライナ上空を避けることによる燃料費増加を防ぐために、300人近くの人命が失われてしまった」とマレーシア航空の判断を批判した。

日航と全日空には、撃墜が起きた空域を飛行する定期便はなかった。

撃墜後、ウクライナ政府は東部の空域を完全に閉鎖。現在は民間機の飛行は認められていない。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン