再利用ロケット、打ち上げ実験成功 NASAなど

2014/4/19付
保存
共有
印刷
その他

打ち上げに成功した再利用ロケット「ファルコン9」(NASA提供)

打ち上げに成功した再利用ロケット「ファルコン9」(NASA提供)

米航空宇宙局(NASA)と宇宙ベンチャーの米スペースX社は18日午後3時半(日本時間19日午前4時半)、ケープ・カナベラル空軍基地(米フロリダ州)からロケット「ファルコン9」の打ち上げに成功した。ロケットを回収して繰り返し使う新手法の初実験打ち上げ。将来は打ち上げ費用が100分の1になると期待される。

ファルコン9は国際宇宙ステーション(ISS)向けの貨物船を搭載。打ち上げ後に貨物船を切り離し、1段目ロケットがエンジンを噴射しながら大西洋上に降下した。スペースXのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は同日、「集めたデータによると、大西洋への降下に成功した」とツイッターに投稿した。

(ワシントン=川合智之)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]