欧州銀、リストラ相次ぐ 資本規制に対応

2011/8/20付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=上杉素直】欧州の大手金融機関が人員削減や部門売却など新たなリストラ策を相次いで打ち出している。英国最大手HSBCは米国のクレジットカード事業を売却し、スイスの大手2行はそれぞれ千人単位の人員削減を表明した。ユーロ圏各国の債務問題で不安定な経営環境が続くなか、リストラで収益体質を改善。2013年以降始まる国際的な新資本規制への対応を急ぐ。

HSBCは今月、米クレジットカード事業を米大手…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]