/

中国人民銀にサイバー攻撃か ビットコイン規制

【北京=共同】中国人民銀行(中央銀行)のホームページが18日午後、一時的に閲覧しにくい状態になった。インターネット上では、人民銀が仮想通貨「ビットコイン」の規制を打ち出したため投資家らが報復としてサイバー攻撃をした可能性があるとの見方が流れた。

人民銀は今月、個人投資家にリスクの高さを警告するとともに、金融機関や決済機関にビットコインの売買などを禁じる通知を出し、これを受けビットコインの価格が急落した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン