/

フィリピンの対中輸出が大幅減 8月42%減

フィリピンの対中輸出が大幅に減少している。国家統計局によると、8月の輸出額は約3億7000万ドル(約292億円)と前年同月比で42%も減った。中比は南シナ海のスカボロー礁(中国名・黄岩島)の領有権をめぐって対立。中国はフィリピン産バナナの検疫を強めて輸出を減らすなどの圧力をかけている。(マニラ支局)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン