2019年2月24日(日)

韓国船沈没、当局の説明が二転三転 救助者数や航路巡り

2014/4/19付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ソウル=加藤宏一】韓国の旅客船「セウォル号」が沈没した事故を巡り、行方不明者の捜索などに当たる当局の説明が二転三転し、混乱を招いている。事故発生当時に救助者数で誤った情報を出したほか、旅客船の航路や救助活動の説明でも訂正が相次ぐ。真相が分からない乗客の家族らの不信感が高まっている。

「船内食堂まで進入ルートを確保した」「いやしていない」――。18日午前中の潜水活動を巡り、政府の事故対策本部と海…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報