中国漁船、韓国警備艇に体当たりし転覆 不法操業中
1人死亡1人不明 韓国側警官も負傷

2010/12/19付
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=尾島島雄】韓国西部沖の黄海で18日午後1時ごろ(日本時間同)、不法操業中の中国漁船が取り締まり中の韓国海洋警察の警備艇に体当たりして転覆、中国側の乗組員1人が死亡、1人が行方不明となった。衝突より前に漁船に乗り移ろうとした韓国側の警察官4人も中国側の暴行を受け負傷した。

韓国メディアによると、現場は於青島(オチョンド)の北西約130キロメートルの韓国の排他的経済水域(EEZ)内で、中国との紛争水域ではないという。ただ、黄海での両国のEEZは完全には画定していない。韓国外交通商省は同日午後、在韓中国大使館に電話し、遺憾の意を表明した。一方、中国政府は19日午前1時現在、公式コメントを出していない。

転覆した中国漁船には10人が乗り組んでいたとみられ、全員が海上に投げ出された。9人が救出されたが、うち1人は搬送先の病院で死亡を確認。1人は行方不明で捜索が続いている。

警備艇は3千トン級で漁船は約60トン。警察官が取り締まりで漁船に乗り移ろうとしたところ、中国側船員が鉄パイプなどで殴りかかり、4人が腕の骨を折るなどの重軽傷を負った。その後、漁船が警備艇に体当たりした。

現場ではかねて中国漁船の不法操業が多発しており、18日も約50隻が不法操業していたという。韓国側にけが人がいるほか、中国側に死亡者が出たことで韓国メディアが一斉に報道しており、中韓関係に影響を及ぼす可能性がある。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]