苦境の欧州電力業界、ウクライナ危機が追い打ち
フランクフルト支局・加藤貴行

(1/2ページ)
2014/4/23 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

再生可能エネルギーへの急速なシフトが進む欧州で、電力・ガス業界が「泣きっ面に蜂」の状況にある。各社は電力価格の低迷で収益が低迷、チェコ電力(CEZ)は原子力発電所の増設計画を延期し、独RWEは旧西ドイツ時代の創業以来の赤字に沈んだ。そこに来てのウクライナ危機。業界は、ロシアとどう付き合うのかという古くて新しい課題に直面している。

「自由化された市場で発電所への投資が脅かされている」。10日、CE…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]