「米中冷戦」回避へ争いの芽を摘め V.ナスル氏とI.ブレマー氏に聞く
創論

(1/2ページ)
2013/6/23 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 中国など新興国の台頭や金融危機に伴う経済低迷で米国の指導力に陰りが生じている。21世紀の世界での米国の役割はどう変わるのか。オバマ政権初期に国務省顧問を務め、今の米国の外交政策に批判的なヴァリ・ナスル氏と、リーダー不在の世界を「Gゼロ」と表現したイアン・ブレマー氏に聞いた。

世界の紛争「最後は米国が関わる」 ヴァリ・ナスル米ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院学部長

――今の米国の外交…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

世界での米国の役割


電子版トップ



[PR]