/

この記事は会員限定です

米国の製造業復活劇、楽観は禁物

W・シー氏とD・ルーベンスタイン氏に聞く

創論

[有料会員限定]
 衰退していた米国の製造業に復活の兆しが出てきた。オバマ政権も主要政策の一つに掲げる製造業の復活は果たして可能なのか、残る課題は何か。生産現場にも詳しい米ハーバード大経営大学院のウィリー・シー教授と投資会社カーライル・グループの共同創業者のデビッド・ルーベンスタイン氏に聞いた。

「投資先としての魅力がカギ」 ウィリー・シー米ハーバード大経営大学院教授

――米国の製造業の重要性を主張されています。

「技術革新を続けるには製造業が重要だ。多くの知的作業は生産ラインで起こるか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3186文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン