2019年7月19日(金)

中国企業、海外映画産業へ出資加速 共同制作や映画館買収

2013/5/20付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【大連=森安健】中国企業による海外の映画産業への出資が加速している。大手複合企業の大連万達集団(ワンダ・グループ)は米国に続き日本や欧州でも映画館チェーンの買収を模索。映画配給大手の博納影業集団(ボナ・フィルム)は20世紀フォックスなどハリウッド勢と5つの映画を共同制作する。興行収入が世界2位になった中国市場を後ろ盾に、世界で影響力を強めつつある。

「拡大を続け、世界十指に入るエンターテインメン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。