/

この記事は会員限定です

B787運航再開へ、全日空・日航6月にも

米当局が認可方針

[有料会員限定]

【ワシントン=杉本貴司】米連邦航空局(FAA)は、発煙事故で運航停止中の米ボーイングの新型機「787」の運航再開を月内にも認可する方針を固めた。ボーイングが提出した同機の是正措置案を妥当と判断した。FAAの正式発表を受け、国土交通省も787の運航を認める方針。世界に先駆けて787を導入したANAホールディングス傘下の全日本空輸と日本航空は、6月にも営業運航を再開する見通しだ。

FAAは今年1月に発動した「緊急耐久性命令」による...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り934文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン