2019年6月17日(月)

若者雇用、世界で深刻 失業率12%台で高止まり
景気改善でも厳しく

(1/2ページ)
2013/5/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ジュネーブ=原克彦】世界各地で若年層の失業が深刻になっている。世界景気は緩やかに回復しており、日米は2008年のリーマン・ショック後の長期低迷を抜け出した。だが若年層の失業率は大きく改善しておらず、18年までは12%台で高止まりする見込みだ。企業のコスト削減に伴う雇用形態の不安定さが、構造的な失業を招いている。

国際労働機関(ILO)のまとめでは、世界の若年層(15~24歳)の失業率は13年見…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報