/

韓国李大統領長兄の自宅を捜索 特別検察官

【ソウル=小倉健太郎】韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領の私邸用土地の不正購入疑惑を捜査している特別検察官は17日、李大統領の長兄である李相殷(イ・サンウン)氏(79)のソウル市内の自宅や、長男の李始炯(イ・シヒョン)氏(34)の事務所などを一斉に家宅捜索した。購入資金の入手経路などを調べる。聯合ニュースが報じた。

購入資金の一部を親族が用意した疑いが出ていたが、李相殷氏は15日に出国済み。特別検察官は16日、李始炯氏らの出国禁止措置をとるよう法務省に要請していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン