/

GM「ボルト」1号車、1900万円で落札 市販の5倍

米ゼネラル・モーターズ(GM)は16日、インターネット競売に出していた電気自動車「シボレー・ボルト」の第1号車が22万5000ドル(約1900万円)で落札されたと発表した。市販車の価格(約4万ドル)の5倍強に上った。

落札したのはGMディーラーの経営者で、「(自動車の)歴史の一部を保有する良い機会だった」と述べた。GMは地元デトロイトの科学振興へ向け、売却益を学校などに寄付するという。

米国では今月、GMや日産自動車が電気自動車を発売。本格普及には消費者の認知度向上が不可欠で、ボルト1号車のネット競売は話題づくりに一役買った形だ。(ニューヨーク=小高航)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン