2019年1月21日(月)

「尖閣諸島で中台連携なし」 台湾・国民党幹事長

2010/9/17付
保存
共有
印刷
その他

来日している台湾の与党・国民党の金溥聡秘書長(幹事長)は17日、都内の日本外国特派員協会で記者会見し、沖縄県の尖閣諸島について「(同諸島を巡る対応で)台湾が中国と連携(して日本に対処)することはない」と語った。ただ、「同諸島の主権が台湾にあるとの従来の主張に変わりはない」とも述べた。

香港とマカオの活動家に尖閣諸島への上陸を許可しなかったことを挙げ、日本国内で懸念が強まっている中台の連携を強く否定した。中国漁船の船長を逮捕したことに抗議する台湾の船舶が当局の巡視船とともに同諸島に近づいた問題については「彼らは漁民のライセンスを持っており、出船を禁じることはできない」と正当性を強調した。

12日に発効した中国との経済協力枠組み協定(ECFA)については「台湾は輸出産業を重視しており、台湾の経済発展につながる」との見方を示した。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報