中国「対日関係安定望む」 靖国後初の閣僚会談

2014/5/17付
保存
共有
印刷
その他

【青島(中国山東省)=北爪匡】アジア太平洋経済協力会議(APEC)貿易相会合に出席中の茂木敏充経済産業相は17日、中国の高虎城商務相と会談した。日中閣僚の会談は2013年12月に安倍晋三首相が靖国神社を参拝して以来、初めて。高商務相は会談で「日本との経済・貿易関係を重視しており、その安定と発展を望む」と強調し、日本との関係改善へ意欲を示した。経済分野を中心に中国が事態打開を探る動きが出てきた。

中国と閣僚会談を開いたことを明らかにした茂木敏充経済産業相(17日、中国・青島)

中国と閣僚会談を開いたことを明らかにした茂木敏充経済産業相(17日、中国・青島)

両閣僚は17日昼、中国・青島で開催中のAPEC貿易相会合の休憩時間に20分間会談した。高商務相は日本の尖閣諸島国有化を改めて非難する一方、「中国は一貫して日本との戦略的互恵関係に基づく経済貿易を重視してきた」と指摘。日中関係の安定に向けた事態打開に前向きな姿勢を示した。

12年9月に尖閣問題が深刻化して以降、経済閣僚として初めて公式の場で日本との関係改善に言及した。日中間の政治関係が依然冷え込むなかで、まずは経済関係から修復を探る意向とみられる。茂木経産相も「両国の間には難しい問題はあるが、戦略的互恵関係を優先させることで一致した」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]