「スマートコンタクト」で糖尿病管理 米グーグル

2014/1/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米グーグルは16日、涙に含まれるブドウ糖の量から血糖値を推計し、糖尿病患者の健康管理に役立てる「スマートコンタクトレンズ」の開発に着手したと発表した。目に常に装着するコンタクトレンズを活用し、血糖値を測る手間を軽減する。実用化の時期は未定だが、外部企業と協力して市販に向けた取り組みを加速したい考えだ。

自動運転車や気球を利用したインターネット接続など次世代技術の研究を手掛ける社内機関「グーグルx…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]