2019年2月23日(土)

エジプト騒乱、周辺国への波及警戒

2013/8/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【カイロ=押野真也】エジプトの軍・暫定政権に対して国際社会が自制を求めている。14日から16日にかけての治安部隊とイスラム勢力との衝突による死者数が700人前後にのぼるうえ、チュニジアやリビアにも動揺がみられるためだ。ただ、エジプト軍に強い圧力をかけるとかえって安定を損なう恐れもあり、米欧はジレンマを抱えている。

金曜礼拝日にあたる16日、イスラム原理主義組織「ムスリム同胞団」は各地で大規模な抗…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報