/

カストロ前議長は最も命を狙われた人物 ギネス掲載

638計画「大半がCIAによる」

暗殺されそうになった回数が最も多い人物として、キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長がギネスブックに掲載されることが決まった。キューバのメディアが15日、伝えた。病気療養のため議長職を暫定委譲して一線を退いた2006年までに638の暗殺計画があったとしている。

大半が米中央情報局(CIA)によるもので、ライフルによる狙撃のほか靴に爆弾を仕掛けたり、葉巻に毒物を仕込んだりする計画があった。

前議長は1959年、親米のバティスタ独裁政権を打倒。米国の事実上の支配下にあったキューバを解放し、歴代の米政権と激しく対立した。(ハバナ=共同)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません