/

この記事は会員限定です

米債務上限引き上げ、上院は合意 混乱回避へ前進

[有料会員限定]

【ワシントン=中山真】米議会上院の民主・共和両党は16日、来年2月7日まで国債発行を認めることを盛り込んだ暫定案で合意した。野党・共和党が多数派を握る下院の動向によっては16日中に上下両院で可決される可能性が出てきた。債務上限の引き上げ期限を17日に控え、経済・市場の混乱回避に向けて議会の調整が前進した。

上院の暫定案は政府に当面の国債発行を容認するほか、暫定予算の編成によって政府機関の閉鎖を解除...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1077文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン