ミャンマー縫製業を救った日本、民主化に潜む試練
バンコク支局 高橋徹

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2012/6/19 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「今の日本は右を向いてもミャンマー、左を向いてもミャンマーだが、メディアの報道も含めて過熱気味なのでは?」

在バンコクの日系企業関係者から最近、疑問を投げかけられることが増えた。確かに足元のブームは実際は「現地視察ラッシュ」であり「駐在員事務所開設ラッシュ」。脆弱なインフラ、法整備の遅れなどを考えると「アジア最後のフロンティア」とされるミャンマーへの事業参入はまだ時間がかかる、との見立てだ。

■低

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]