/

カタール、日本にLNG追加供給で合意

【カイロ=共同】AP通信によると、中東カタールの国営カタールガスは16日、東日本大震災と福島第1原発の事故などでエネルギー不足に陥っている日本に、今後1年間で計約400万トンの液化天然ガス(LNG)を追加供給することで合意したと発表した。

日本の500万世帯に1年分の電力供給が可能な量に相当するという。

同社のハリド最高経営責任者(CEO)が最近、日本を訪れ、日本企業と追加供給について協議した。

国営カタール通信によると、カタールガスは中部電力などの電力・ガス会社との間で、年間計600万トンのLNGを輸出する長期契約を結んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン