/

この記事は会員限定です

SBI、カンボジア投資事業拡充 子会社と地元証券合併

[有料会員限定]

【ハノイ=岩本陽一】SBIホールディングスは堅調な経済成長が続くカンボジアで、投資関連ビジネスを大幅に拡充する。同社子会社で、カンボジア唯一の日系証券会社であるSBIプノンペン証券が11月、現地の有力証券会社と合併。共同で最大5千万ドル(約38億円)のファンドを設立する。同国初の証券取引所が年内に取引を開始するのをにらみ、上場の可能性がある企業の株式などを取得する計画だ。

合併相手はカンボジアの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り688文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン