/

サムスン電子会長「日本の力、落ちたようだ」

CESで発言

「とても進んだ国だったが、力が少し落ちたようだ」。サムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長は先週、米ラスベガスで開いた家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」の会場で、日本についてこう評した。電機産業に限定した言い回しではないが、日本メーカーに対し優位な立ち位置にあるとの認識を示したものと受け止められている。

李氏は2年前のCESでも「(我が社は)日本より基礎技術やデザインで勝っている」と発言したことがある。サムスンはかつて日本からの技術移転をテコに世界市場で跳躍した。今も製造装置や素材の多くを日本に頼るが、薄型テレビや半導体メモリーの世界シェアでは日本勢を圧倒している。一方、中国については「韓国を追いかけてくるにはまだ少し時間がかかると思う」と述べた。(ソウル=尾島島雄)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン