/

「独裁者のジレンマ」 米国務長官、ネット規制国に警告

インターネット上の自由について演説するクリントン米国務長官(15日、ワシントン)

インターネット上の自由について演説するクリントン米国務長官(15日、ワシントン)

クリントン米国務長官は15日、ワシントン市内でインターネット上の自由について演説し、中国などのネット規制国はやがて身動きの取れない「独裁者のジレンマ」に陥ると警告した。特に中国のネット検閲に関して「中短期的には規制が可能でも、長期的には国の成長と発展を締め付ける『縄』になる」と指摘。ネット上の人権を侵害する国は「間違った道を進んでいる」と批判した。

クリントン長官は中国とイランのネット検閲などを挙げて「ネットの自由に障壁を構築してきた政府は、最終的に身動きが取れなくなる」と言明。そのうえで「彼らは独裁者のジレンマに直面することになる。『障壁』を崩すか、維持する費用を支払うか、選択せねばならなくなる」と述べた。(ワシントン=弟子丸幸子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン