/

福島原発「レベル6接近、7の可能性も」 米研究所

【ワシントン=弟子丸幸子】米シンクタンクの科学国際安全保障研究所(ISIS)は15日の声明で、福島第1原発の事故に関し、国際原子力事象評価尺度(INES)で2番目に深刻な「レベル6に近づきつつある」との見解を示した。最も深刻な「レベル7に到達する可能性も残念ながらある」とも指摘した。

ISISは、2号機での爆発や4号機建屋からの出火を受け「状況は大幅に悪化している」と説明。「国際社会は緊急事態を阻止するため、日本への支援を強化する必要がある」と、解決策を見いだすため各国の協力を呼び掛けた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません