2019年5月22日(水)

ノバルティス、グーグルから技術 コンタクトレンズで健康管理

2014/7/16付
保存
共有
印刷
その他

【フランクフルト=加藤貴行】欧州製薬最大手のノバルティス(スイス)は15日、米グーグルが開発中の「スマートコンタクトレンズ」の技術のライセンス供与を受けることで合意したと発表した。目から生体情報を感知し、無線で情報を送ることができるレンズの特長を生かし、患者の負担を抑えた診断など医療用途での実用化をめざす。

ノバルティスはコンタクトレンズを使い、糖尿病患者の涙から血糖値を測り続けて健康状態を把握したり、老眼の人がつけると自動的に焦点をあわせたりする技術を想定している。

ノバルティスは傘下に眼科の治療薬や医療機器を手がけるアルコンを持ち、眼科は同社の中核事業領域だ。グーグルの先端技術を活用し競合他社に先行する狙い。早ければ来年初めに試作品を完成させる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報