エネ協力、構想相次ぐ 多国間協議求める声

2012/8/20付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ロシア極東などを含む北東アジア地域で、多国間のエネルギー協力を巡る議論が活発になってきた。竹島(韓国名・独島)や尖閣諸島の問題で日本、中国、韓国の関係がぎくしゃくする中でも液化天然ガス(LNG)パイプラインや送電網の整備、資源版の自由貿易協定(FTA)などの構想が浮上する。ただ論議は拡散気味で意見集約へ多国間協議の枠組みを求める声などが出ている。

「ロシアと欧州のように北東アジアでも協力をレベル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]