2019年1月16日(水)

オーストリア、都内の大使館を閉鎖 福島第1の事態受け

2011/3/16付
保存
共有
印刷
その他

【ジュネーブ=藤田剛】オーストリア政府は15日、東日本巨大地震に伴う福島第1原発の事故を受け、東京都港区にある大使館を事実上閉鎖し、16日から大使館機能を大阪市内の総領事館に移すことを決めた。同国外務省が日本経済新聞に明らかにした。駐日大使などの大使館員も大阪に移動し、総領事館で大使館業務を続けるという。

東京にも微量な放射性物質が飛来したことが理由。ただ、日本政府は東京都民に避難を勧告しておらず、今後両国間の外交関係に悪影響が出る可能性もある。

オーストリアは自国民に対し、日本への渡航を自粛する勧告も出している。

オーストリアは旧ソ連のチェルノブイリ原発事故の際、大量の放射性物質が飛来した。こうした経緯から同国は「反原発」色が強く、国内に原発はない。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報