/

12年12月の韓国大統領選、50歳代の投票率82%

【ソウル=小倉健太郎】韓国の中央選挙管理委員会は15日、2012年12月の大統領選挙の投票率分析を発表した。50歳代は82.0%、60歳代以上は80.9%と、全年齢層の75.6%を上回った。5年前の前回選挙に比べて5ポイント前後の上昇。保守色の濃い中高年層の支持が朴槿恵(パク・クンヘ)氏の当選を後押ししたとの分析をあらためて裏付けた。分析は有権者の約10%を対象にした調査に基づく。

19歳~30歳代の投票率も5年前の前回の大統領選に比べると13~20ポイント前後上昇したが65.7~74.0%にとどまった。性別では、女性が76.4%と男性を1.6ポイント上回った。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン