2019年7月22日(月)

中国の財政透明度、「合格」は7都市

2012/6/16付
保存
共有
印刷
その他

【大連=進藤英樹】中国の清華大学(北京市)の調査で、中国の地方都市の財政の透明性が極めて低いことが明らかになった。国際通貨基金(IMF)の基準などに基づき、中国の主要81都市の2010年の公表データから財政の透明度を評価すると、合格水準に達した都市は北京や上海など7都市にとどまった。

調査は北京、上海、天津、重慶の中央直轄市4市と、残る27省・自治区にある77主要都市を対象とした。政府や他の公的機関との関係などIMFの財政の透明性に関する規定に沿って、8つの指標で評価した。

満点は8点で、最高得点は北京の6点だった。2位は5.75点の上海。満点の6割に当たる4.8点以上を合格水準としたが、北京、上海以外では南陽(河南省)、成都(四川省)、宜昌(湖北省)、三亜(海南省)、杭州(浙江省)の5都市にとどまった。

全都市の平均は3.46点と満点の半分にも満たなかった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。