/

「Java修正は不十分」 米、無効化呼びかけ継続

【シリコンバレー=岡田信行】米政府は14日、米IT(情報技術)大手、オラクルが手掛けるプログラム言語「Java(ジャバ)」に安全面での弱点が見つかった問題で、同社が13日に緊急配布を始めた修正ソフトは不十分と判断した。パソコン利用者に引き続き「ジャバの機能を無効にするように」勧告している。

米政府は10日、ジャバの最新版にセキュリティー面で弱点があり、ウイルス感染や情報流出などが起きる可能性があると警告。オラクルは13日に修正ソフトの配信を始めたが、専門家の間では「(オラクルの修正ソフトでは)対応できていないプログラムがある」との声が上がっていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン