ブレア元英首相、対イラン「武力行使も選択肢」
核開発阻止へけん制

2012/10/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

英国のトニー・ブレア元首相は14日、都内で日本経済新聞の取材に応じ、イランの核開発を阻止するために武力行使を含む「あらゆる選択肢」があると主張した。債務危機に直面するユーロ圏が取り組む財政統合や銀行同盟に向けた動きは「道理にかなっている」と支持を表明した。

ブレア氏は米国、欧州連合(EU)、ロシア、国連による中東和平4者協議の特使を務める。イランから核技術がテロ組織の手にわたるリスクを指摘しなが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]