/

本社重慶支局の中国人助手、公安当局が拘束

【北京=大越匡洋】日本経済新聞社の中国重慶支局の中国人助手が13日朝、中国の公安当局に拘束された。重慶市内の自宅から連行する際、公安当局は家族に対し、先に「騒動挑発」の容疑で拘束した著名な人権派弁護士、浦志強氏をめぐる調査への協力を求めるためだと説明した。14日に正式に拘留すると家族に口答で伝えたうえで、文書で後日通知するとした。

拘束された中国人助手は四川省成都市出身で、2004年10月の重慶支局の開設当初から勤務している。08年の四川大地震での現地取材をはじめ、幅広い分野で記者の活動を助けてきた。過去に日経新聞に掲載した浦氏へのインタビューでも取材に同席した。

この件について日本経済新聞社広報グループは「拘束の理由など事実関係を確認中です」とコメントした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン