/

1~3月のユーロ圏GDP年率0.8%増 景気回復弱く

【ブリュッセル=御調昌邦】欧州連合(EU)統計局は15日、ユーロ圏の1~3月期の域内総生産(GDP、速報値)が前期に比べて実質0.2%増(年率は0.8%増)だったと発表した。4四半期連続のプラス成長となったが、景気回復の勢いが依然として弱い状況を裏付けた。

国別ではドイツが前期比で0.8%増となり、成長率が高まった一方、フランスは前期比横ばい。独仏で明暗が鮮明となった。このほかイタリアは0.1%減となり、2期ぶりのマイナス成長。一方、スペインは0.4%増となり、比較的好調な結果となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン