/

この記事は会員限定です

製薬、医師への金銭提供を透明に 英グラクソは直接支払い廃止

[有料会員限定]

【フランクフルト=加藤貴行、ニューヨーク=西邨紘子】製薬会社による医師らへの金銭提供を透明にする動きが欧米で進んできた。米国では製薬会社に対し、医師や大学病院などへの詳細な支払いデータの開示を求める制度が始動。英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は謝礼などを医師らに直接支払う慣行を廃止した。

企業と医療機関との間の経済的な透明性を高め、患者の信頼を得るのが狙い。ただ新薬開発には双方の連携が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り839文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン