/

高級「アメ車」、再び主役に 北米自動車ショー

【デトロイト=小川義也】14日開幕した北米国際自動車ショーではここ数年、エコカーの陰でなりを潜めていた高級車が主役に返り咲いた。米ゼネラル・モーターズ(GM)など自動車各社はかつて「アメ車」の象徴でもあったマッスルカーや高級セダン、多目的スポーツ車(SUV)などを前面に出して復活ぶりをアピール。金融危機以降で最も華やいだショーとなった。

GMが8年ぶりに全面改良した「シボレー・コルベット」は排気量6.2リットルの大容量V8エンジン(450馬力)を搭載。時速60マイル(約97キロメートル)までの加速はわずか4秒

最初のイベントである2013年北米カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したのは、GMの高級セダン「キャデラックATS」。過去3年間、ハイブリッド車(HV)などのエコカーや大衆車の受賞が続いており、久々の高級車の受賞となった。

最も象徴的なのが、GMが出展した7代目「シボレー・コルベット」。全面改良は8年ぶりで、米国のスポーツ車ファンには愛着が深い「スティングレー」の名称も復活させた。

排気量6.2リットルの大容量V8エンジンで450馬力のハイパワーを実現。これを初の7速手動変速機(MT)と組み合わせた。時速60マイル(約97キロメートル)までの加速はわずか4秒。ボンネットやルーフに炭素繊維を採用。骨格の一部のフレームにはアルミニウムをふんだんに使い軽量化した効果も大きい。

フォード・モーターは高級ブランド「リンカーン」の小型SUVコンセプト「MKC」を公開。自然光を取り込む天井を採用し、車内空間に開放感を出した

趣味性の高いクルマだが、GMの「本気度」は経営判断にも現れている。新型コルベットを量産化するためケンタッキー工場にアルミフレーム専用のプレス機を新設。総額1億3100万ドル(約120億円)を投じて生産ラインを刷新する。GM幹部は「政府の管理下にあったときには、存続すら危ぶまれていたコルベットがこうして復活してくれて本当にうれしい」と語る。

フォード・モーターは主力の「フォード」ブランドではなく、あえて低迷する高級ブランド「リンカーン」の新型車「MKC」を公開した。コンセプト車という位置付けだが、関係者によると「ほぼ市販型と同じ」。これまでは大型で排気量が大きく、高齢者や法人向けハイヤーなどに顧客層が限られていたが、若者に人気の高い小型車を新たに導入しイメージの刷新につなげたい考えだ。

天井は全面透明にして自然光を取り込み、車内空間に開放感を出した。エンジンや変速機など車の「走り」を左右する技術は明らかにしなかった。

フォードのアラン・ムラーリー最高経営責任者(CEO)は「7年前に(就任した際)フォードとリンカーンにブランドを絞る大きな決断をしたが、これは正しかった。リンカーンはこれから成長するブランドであり、今日はその新たなページをめくった」と話した。

米クライスラーが公開した高級SUV「ジープ・グランドチェロキー」の新型車

米クライスラーはSUVの主力ブランド「ジープ」の新モデルを公開した。クライスラーで唯一のグローバルブランドといえるジープの新型車を一気に3車種公開して、09年の経営破綻からの復活を印象づけた。

最も売れ筋の「グランドチェロキー」はヘッドランプの一部に発光ダイオード(LED)を採用して高級感を演出。運転席と助手席の間には8.4インチのタッチパネル式スクリーンを導入して使い勝手を高めた。

ガソリン車のほか、軽油を燃料とする低公害型のディーゼルエンジン車も初めて導入。「二酸化炭素(CO2)の排出がこのクラスでは最少な上、一度の給油で約1000キロ離れたデトロイトとニューヨーク間を走っても燃料が余るほどエコ」(同社幹部)と言う。

今回の北米自動車ショーではエコカーよりもSUVや高級車の展示が目立つ(日産のインフィニティ Q50)

今回の北米自動車ショーではエコカーよりもSUVや高級車の展示が目立つ(日産のインフィニティ Q50)

ジープ部門のマイク・マンレー社長は「この4年間でジープブランドを復活させたが、我々はさらに進歩していることを示せた」と話した。

米メーカー以外でも、今年は高級車の出展が目立った。日産自動車は高級ブランド「インフィニティ」の中型セダン「Q50」を公開。日本では「スカイライン」として展開するとみられるモデルで、「よりダイナミックでスポーティーな外観を採用した」(中村史郎チーフ・クリエイティブ・オフィサー)。

技術面の目玉は「ダイレクト・アダプティブ・ステアリング・システム」と呼ぶ電動式のハンドル操作システム。ハンドルの動きをセンサーが読み取り、瞬時に足回りを制御するモーターに信号を送ることで、走行性能や安全性を高めた。

韓国の現代自動車は高級セダン「ジェネシス」のコンセプト車「HCD-14」を公開した。音声や目の動き、手ぶりなどで計器を操る次世代の認証技術を採用。IT(情報技術)など「新しいモノ好き」の顧客を取り込む狙い。米国現代自のジョン・クラフチック社長は、コンセプト車に盛り込んだ操作技術について、「コンセプト車では完全に機能しており、近い将来の実用化を視野に入れている」と話す。

現代自動車は高級セダン「ジェネシス」のコンセプト車「HCD-14」を公開。音声や目の動き、手ぶりなどで計器を操る次世代の認証技術を採用した

高級車の出展が相次ぐ今回のショーについて、ホンダの伊東孝紳社長は「米国ではシェール革命などで石油エネルギーへの懸念が少し薄れた状態。面白いクルマや楽しいクルマに(顧客の志向が)流れている」と指摘。自動車大手各社が「この動きにタイムリーに合わせた」結果だと見る。

ただ「本当の技術競争は水面下で熾烈(しれつ)に行われている」と強調。ホンダも「(エコカーで)よほど先の技術を手にしているメーカーだと思われない限り生き残っていけない」と危機感を示した。

 ◇    ◇ 

一方、トヨタ自動車は主力の小型車「カローラ」の次期型の試作車「フーリア」を公開した。車体の一部に炭素繊維を取り入れたほか、LEDランプを一部に採用。今夏に発売する。1984年に初めて米生産に乗り出して以来、米国でもトヨタの看板車となっており販売底上げへの期待は大きい。

ホンダは小型車「フィット」のプラットホーム(車台)を使った新たな小型SUVのコンセプト車を公開。2013年末にまず日本で発売し、米国にも14年に投入。米国向けはメキシコに建設中の新工場で生産する。今回発表した新型SUVとフィット、シティの小型車3車種だけで16年末までに年150万台の販売を目指す。伊東社長は「今のトレンドのまっただ中のクルマ。米国だけでなく全世界で(販売の中心を占める)ゾーンになる」と述べた。

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は7人乗りSUVのコンセプトカー「クロスブルー」を公開した。広さを重視する米国市場向けで、価格帯を抑えた戦略車。燃費効率を高めたガソリンエンジン車のほか、プラグインハイブリッド車(PHV)を投入し、激戦区である中型SUV市場で、フォード「エクスプローラー」やホンダ「パイロット」などに対抗する。

マルティン・ヴィンターコーン社長は「米国ではミッドサイズのSUVほどダイナミックで重要なセグメントはない。我々はこのセグメントで主導権を握らなければならない」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン