ベトナム、反中デモ暴徒化で21人死亡か

2014/5/15付
保存
共有
印刷
その他

【ハノイ支局】ロイター通信は15日、ベトナム中部ハティン省で14日夜に起きた反中国デモで、21人が死亡したと報じた。現地の医療関係者によると、ベトナム人5人、中国人とみられる16人が死亡。約100人が病院に運ばれ、15日朝にも負傷者が運び込まれたという。南シナ海での中国の石油掘削に反対するベトナム人のデモ隊が中国系企業を攻撃しようと暴徒化したとみられる。

ベトナム南部ビンズオン省のベトナム・シンガポール工業団地の破壊された建物(14日)=共同

ベトナム南部ビンズオン省のベトナム・シンガポール工業団地の破壊された建物(14日)=共同

ハティン省では台湾の石油化学最大手、台湾塑膠工業(台湾プラスチック)が大規模な一貫製鉄所を建設中で、多くの台湾企業が進出している。暴徒化したデモ隊はこうした台湾企業を中国企業と間違え、攻撃した可能性もある。

日系企業は主にホーチミン市周辺など南部の工業団地に進出している。南部の工業団地では日系企業の工場も中国企業と間違えられて襲撃された。

英国放送協会(BBC)によると、南部の工業団地では、少なくとも外資系の15の工場で放火があった。一連の暴動を受け、ホーチミン市の日本人学校は15日、臨時休校を決めた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]