中国、北極開発へ外交攻勢 資源確保へ発言権

2012/5/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=森安健】中国が北極海での資源開発などへの発言権強化を目指し、外交攻勢を強めている。温家宝首相が4月にアイスランドなどを歴訪したのに続き、フィンランドの北極担当大使を北京に招き、新型砕氷船の設計を同国に発注することで合意。一連の動きは、米国やロシアなどで構成し北極問題を協議する「北極評議会」の正式オブザーバーになることを目指した布石とみられる。

中国の国家海洋局は9日、フィンランドのハリネ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]