2019年7月20日(土)

大連万達、13年は10万人を新規雇用 納税額は首位

2014/1/15付
保存
共有
印刷
その他

【大連=森安健】中国の商業不動産大手、大連万達集団(ワンダ・グループ)は2013年の年次報告会を開き、同年に新たに10万8千人を雇用したとこのほど発表した。同年に全国の都市部で生み出された全新規雇用の1%に当たるという。このうち3万3千人は大卒。グループ全体の雇用者数は53万9千人となった。

13年には大型ショッピングモール「万達広場」を新たに18カ所開業し、全国で85カ所に。ホテルも16軒開設した。売上高は前年比31%増の1866億元(約3兆2200億円)。8年連続で30%増収という。非上場のため利益は公表していないが、納税額は中国の民営企業として首位の227億元(約3900億円)だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。