2018年11月15日(木)

遺伝子診断、低価格化も 米が特許審査の方針転換

2014/4/3付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=川合智之】特定のがんにかかるリスクなどを判断する遺伝子診断サービスの低価格化に弾みがつきそうだ。米特許商標庁は人間の遺伝子に関連する特許の審査基準を見直し、遺伝子特許を認めない方針に転換。特許のライセンス料が不要となり、診断サービスを手がける企業の新規参入を促しそうだ。

特許の対象から外れるのは遺伝子そのものなどの天然物。米特許商標庁が「天然に存在する物質は特許の対象と認めない」と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報