市場の不信買うインドネシア国営企業
アジアBiz新潮流 ジャカルタ支局・野沢康二

2011/2/19付
保存
共有
印刷
その他

ガルーダ・インドネシア航空が2月11日に新規株式公開(IPO)を実施した。市場で売れた株式は予定の半分強にすぎず、初値から公募価格割れとなった。情報公開に問題があったことが原因の1つで、国営企業の不透明さが露呈した。昨年まで順調に推移して国際的な注目度を高めた同国株式市場も、冷水を浴びせられた格好だ。

「初値が公募価格を下回ったのは市場全体の下落が原因で、心配ない」。11日のIPO記念式典の場。…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]