/

この記事は会員限定です

米欧FTA「前進可能な分野探求」 欧州議会貿易委員長

[有料会員限定]

【ブリュッセル=御調昌邦】欧州議会のヴィタール・モレイラ国際貿易委員長は、日本経済新聞とのインタビューで、欧州連合(EU)と米国の自由貿易協定(FTA)交渉について「前進させられる分野を探求する」と語った。農業分野などを念頭に「貿易の障害を100%取り除く必要はない」としながらも、欧米間の問題をできる限り解決したいとの考えを示した。

欧州議会は2009年発効のリスボン条約で国際条約を承認する権限...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り227文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン