2018年7月17日(火)

エジプト衝突拡大、149人死亡 全土に非常事態宣言

2013/8/15付
保存
共有
印刷
その他

 【カイロ=押野真也】エジプト暫定政府は14日午前(日本時間同日午後)、軍のクーデターに抗議するため座り込みデモを続けていたイスラム勢力に対し、治安部隊を投入して強制排除に乗り出した。衝突は他の都市でも起こっており、14日夕の段階で保健省は全土で149人が死亡、1403人が負傷したと発表した。政府は全土に非常事態を宣言した。

 首都カイロの2カ所のデモ現場に治安部隊が突入した。イスラム原理主義組織「ムスリム同胞団」は強く反発し、アレクサンドリアで警察署を襲撃するなど対抗措置に出ている。同胞団は300人以上が死亡したと主張しており、死傷者がさらに増えるのは確実だ。

 政府は14日、同日から1カ月間の非常事態宣言を発令。期間中は一切のデモや集会が禁止されるほか、警察官は令状なしで民間人を拘束できる。同時に、カイロやアレクサンドリア、スエズなど12の都市で夜間外出禁止令も発令した。

 エジプトでは、軍がモルシ前大統領の解任と拘束を発表した7月3日以降、同氏を支持する同胞団などが連日数千人規模のデモを実施。欧米諸国などの調停も不調に終わり、政府は強制排除に乗り出すと警告してきた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報