/

この記事は会員限定です

米州Frontline 日本国憲法を書いた女性 長女が語るゴードンさん

ワシントン支局 中山真

[有料会員限定]

歴史に「もし」という言葉があったなら――。昨年末に亡くなった元GHQ(連合国軍総司令本部)職員のベアテ・シロタ・ゴードンさんの人生はまさに偶然の重なりだった。幼少期を日本で過ごしたことが縁で、22歳の若さで日本国憲法の草案づくりに関与。その後も日本の民主主義の行方を案じ続けた。長女のニコルさんに、知られざるゴードンさんの素顔を語ってもらった。

女性の権利拡大に特別な思い

――日本国憲法の柱の一つである男女平等を起草したことが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2286文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン