2019年6月16日(日)

欧州で国際列車広がる EUの自由化策で

2010/10/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧州で国境を越えた国際列車を運行する動きが広がっている。ドイツ鉄道は2012年にロンドンまで直通列車を走らせるほか、フランス国鉄は超高速鉄道を12月にスペインまで延伸する。旅客鉄道自由化に関する欧州連合(EU)指令が施行されたのが背景。合弁会社でなくても国際路線を運行できるようになったためだ。

ドイツ鉄道は今月中に、独からベルギー、英仏海峡の地下トンネルを経てロンドンまで試験車両を走らせる。現在…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報