2018年10月22日(月)

NY株、一時170ドル超下落 金は一時最高値

2010/5/15付
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク】14日のニューヨーク株式相場は大幅に続落し、ダウ工業株30種平均の前日終値と比べた下げ幅は一時170ドルを上回った。欧州諸国の財政や経済への懸念が引き続き売りを誘っており、ハイテクや金融、素材など業績が景気動向の影響を受けやすい業種の下げが目立っている。4月の米小売売上高は市場予想を上回ったが、反応は鈍い。

ダウ平均は午前10時45分(日本時間午後11時45分)現在、前日比140ドル57セント安の1万0642ドル38セントで推移している。

一方、ニューヨーク金先物相場は反発。取引の中心である6月物は早朝の時間外取引で一時1トロイオンス1249.7ドルまで上昇し、12日に付けた1249.2ドルを上回って中心限月としての過去最高値を更新した。安全資産と位置付けられる金への買いが再び活発になっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報