/

「3DS」で元ソニー社員の特許侵害 任天堂に29億円賠償命令

【ニューヨーク=共同】米ニューヨーク州の連邦地裁の陪審は13日、任天堂が携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」で、元ソニー社員が保有する特許を侵害したとして、任天堂に3020万ドル(約29億円)の損害賠償を命じる評決を出した。ロイター通信が報じた。

特許は、眼鏡を使わずに裸眼で見られる3次元立体(3D)映像の技術。元社員側は任天堂がこの技術を使ったと主張したのに対し、任天堂側は3DSでは特許の主要部分は利用していないと反論していた。

任天堂は「主張を理解してもらえず残念。ニンテンドー3DSが対象特許を侵害していないとの判決が得られると信じている」とのコメントを出した。

元社員の特許を扱うトミタ・テクノロジーズが2011年に、特許侵害で任天堂と同社米国法人を提訴していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン