2019年8月23日(金)

米司法省、記者の通話履歴収集 情報源調査か

2013/5/14付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中山真】AP通信は13日、米司法省が昨年春に同社のオフィスや記者の通話履歴を秘密裏に収集していたとして、同省に対して「大規模で前例のない取材活動への侵害だ」と抗議した。国際テロ組織アルカイダ系の組織による爆破テロ計画に関連した同社配信の記事の情報源を調査していた可能性が高いという。

AP通信によると、司法省は昨年4~5月にニューヨークやワシントンなどのAPの支局に加え、米下院の記者室にある20以上の電話回線から発信された通話履歴を収集。司法省は今月10日にこの事実をAPに伝えたが、目的は明らかにしていない。

APは昨年5月に国際テロ組織アルカイダ系の組織による航空機の爆破テロ計画が米中央情報局(CIA)によって事前に阻止されたことを伝える記事を配信。米政府は同記事がどういう経緯で報道されたか調査していたとされ、今回収集された通話履歴にも同記事に関与した記者やデスクのものが含まれていた。

カーニー大統領報道官は13日「犯罪捜査に関係した決定には関与しておらず、司法省が独立して対応している」と強調した。しかし、オバマ政権はメディアへの情報漏洩に厳しい姿勢を示してきたことで知られており、米議会などから政府に事実関係の説明を求める声が高まるのは必至の情勢だ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。